フューチャーセンター(FC)は、北欧の知的資本経営から生まれた、「未来の価値を生み出すセンター」です。

複雑な問題をスピーディに解決するために、多様な専門家やステークホルダーを集め、オープンに対話する場として発展しました。日本でも様々な場面で活用されています。

フューチャーセンターでの対話の場により、以下のような取り組みが行われています

  • 新製品やサービスの現場で
  • 組織開発(社内活性化風土づくり)
  • オープンイノベーションの場づくりとして
  • 自治体コミュニティの醸成として ・大学での授業や課外授業として

フューチャーセンターの考え方

about-fc-01

フューチャーセンターが有効な「企業の課題」

about-fc-02

企業間FCの特徴

about-fc-03