2018年8月24日、リコージャパン株式会社 浜離宮事業所で、ビジネス×フィロソフィーLab 第1回「SDGsで創るカッコイイ仕事と暮らし」を開催しました。
ビジネス×フィロソフィーLabは、ビジネス(現実)を忘れず、フィロソフィー(根源)に迫る対話を通じて、企業のイノベーションを加速し社会変革を促すことを目的にした活動です。
社会や自分自身の生き方に疑問を抱くビジネスパーソンや、イノベーションの基盤作りに取り組みたい企業を対象に開催していきます。

第1回のテーマはSDGs11名のビジネスパーソンに参加いただきました。

まずは、インプットトーク。企業間フューチャーセンター理事の伊藤高光より、SDGs17の目標、その背景についてご説明しました。SDGsのテーマは世の中に溢れる社会課題そのもの。内容が非常に多岐に渡るため、対話のベースラインとなる参加者の理解をここで合わせていきます。
続いて、企業間フューチャーセンター理事の臼井清より、現在のSDGsの取組みを紹介しました。グローバル企業、大企業、起業家など、それぞれが様々なきっかけで始めた取組みですが、企業理念や個人の想いなど、自分たちの存在意義に迫る問いがあることに気づきます。

ダイアログは2テーマ、「なぜSDGsには関心がないのか、真剣に考えるようになるにはどうしたらよいか」そして「自分は何ができるか、これからどうしていくか」について、対話を繰り広げました。

あっという間の2時間、チェックアウトでは、それぞれが感じたこと、気づきを共有し、和やかな雰囲気でクローズしました。
当日のアンケートでも、おおむね満足という評価をいただきました。今回は第1回、どの様な形になるのか、参加者の皆さまのご意見を今後の活動のインプットにしていきたいと思います。
ビジネス×フィロソフィーLabの対話は、次回のテーマ「アベノミクスは何をもたらしたのか」へと続きます。

 (記:森 由美 / 伊藤 高光)

https://i1.wp.com/eafc.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/08/171.jpg?fit=746%2C376https://i1.wp.com/eafc.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/08/171.jpg?resize=150%2C150イベント 担当者イベント開催レポート最近のイベント2018年8月24日、リコージャパン株式会社 浜離宮事業所で、ビジネス×フィロソフィーLab 第1回「SDGsで創るカッコイイ仕事と暮らし」を開催しました。 ビジネス×フィロソフィーLabは、ビジネス(現実)を忘れず、フィロソフィー(根源)に迫る対話を通じて、企業のイノベーションを加速し社会変革を促すことを目的にした活動です。 社会や自分自身の生き方に疑問を抱くビジネスパーソンや、イノベーションの基盤作りに取り組みたい企業を対象に開催していきます。 第1回のテーマはSDGs、11名のビジネスパーソンに参加いただきました。 まずは、インプットトーク。企業間フューチャーセンター理事の伊藤高光より、SDGsの17の目標、その背景についてご説明しました。SDGsのテーマは世の中に溢れる社会課題そのもの。内容が非常に多岐に渡るため、対話のベースラインとなる参加者の理解をここで合わせていきます。 続いて、企業間フューチャーセンター理事の臼井清より、現在のSDGsの取組みを紹介しました。グローバル企業、大企業、起業家など、それぞれが様々なきっかけで始めた取組みですが、企業理念や個人の想いなど、自分たちの存在意義に迫る問いがあることに気づきます。 ダイアログは2テーマ、「なぜSDGsには関心がないのか、真剣に考えるようになるにはどうしたらよいか」そして「自分は何ができるか、これからどうしていくか」について、対話を繰り広げました。 あっという間の2時間、チェックアウトでは、それぞれが感じたこと、気づきを共有し、和やかな雰囲気でクローズしました。 当日のアンケートでも、おおむね満足という評価をいただきました。今回は第1回、どの様な形になるのか、参加者の皆さまのご意見を今後の活動のインプットにしていきたいと思います。 ビジネス×フィロソフィーLabの対話は、次回のテーマ「アベノミクスは何をもたらしたのか」へと続きます。  (記:森 由美 / 伊藤 高光)Enterprises Alliance Future Centre